• 看護外来
ストーマ外来

ストーマとは、病気や障害によって造られた排泄口のことです。
ストーマ外来では、オストメイト(ストーマを保有されている方)がより快適な日常生活を送ることができるよう、通常の外来診察とは別に個室を設けて、皮膚・排泄ケア認定看護師がストーマのケアやストーマに関する相談に応じています。

対象の方

ストーマケアを行っている方

実施日

毎月第2・4木曜日(完全予約制)

お問い合わせ先

電話番号:0126-22-1650  外科・泌尿器科外来

outpatient01.jpg
ストーマ外来の内容
  • ストーマ造設の手術を予定されている方やご家族への説明
  • 正しい装具の交換方法
  • ストーマと周囲の皮膚のケア方法に関する指導
  • 個々に合ったストーマ用品のご紹介
  • 日常生活におけるストーマに関する相談
    (装具から頻回に排泄物がもれる、ストーマ周囲の皮膚がただれたなど)
ストーマ外来を受診される方へ
  • 他院でストーマを造設されたまたは当院のストーマ外来を初めて受診される方は、初診時は医師の診察を受けていただきます。
  • ストーマ外来では、装具を剥がして状態観察をいたしますので、交換用の装具を1枚ご持参ください。
フットケア外来

糖尿病の合併症には足病変がありますが、日常生活でご自分の足を気にかけて、ケアすることで足病変の予防につながります。ここでは、重症化しないために足の手入れ、セルフケア指導を行う外来です。

対象の方

糖尿病で足トラブルのある方や、今後予測される方

実施日

第2・4水曜日(完全予約制)

お問い合わせ先

電話番号:0126-22-1650  皮膚科外来

フットケア.jpg

リンパ浮腫外来

リンパ浮腫は、乳がん・子宮がん・卵巣がん・前立腺がんなどの治療によるリンパ節の切除や放射線治療などによる後遺症として、リンパ液が正常に流れないことによっておこるむくみのことです。リンパ浮腫はがんの治療を受けた全ての患者さんが発症するわけではありませんが、一度発症すると完治は難しいものです。当院のリンパ浮腫外来では患者さん一人一人の状態に合わせて、リンパ浮腫のケアを行っています。
担当
リンパ浮腫のケアに関する知識と技術のある看護師がチームを組んで行っています
主なケア内容

日常生活指導、スキンケア・セルフマッサージ指導、リンパドレナージ、圧迫療法、運動療法指導

対象の方

原則、当院で手術を受けた方で、主治医がリンパ浮腫ケアを必要と判断した方
*事前に、主治医の許可が必要となります
実施日

毎月第2・3・4水曜日 13:30~16:30(完全予約制)

場所

新棟1階 腎不全外来

お問い合わせ先

電話番号:0126-22-1650  内線2143(瀬戸)

リンパ.jpg

助産師外来(チャオママ外来)

outpatient04.jpg

助産師外来では、お産のときにお手伝いさせていただくことになる病棟の助産師が担当し、マンツーマンの完全予約制で「こんなお産がしたい」「こんな育児がしたい」と考えている妊婦の皆様の想いを受け止め、お手伝いします。
あらかじめスタッフと顔見知りになることができますし、待ち時間がないのも魅力です。ゆっくり時間をとって何でも相談できますので、妊婦健診の際にお尋ねください。

outpatient05.jpg
アドバンス助産師

2015年8月に始まった、助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)“CLoCMiP(クロックミップ)”レベルⅢ認証制度で、日本助産評価機構がレベルⅢを認証しています。
認証を受けた助産師は、「アドバンス助産師(advanced midwife)」と呼称され、自律して助産ケアを実践できる能力を認証されていることから、院内助産・助産外来などで専門性を発揮することを期待されています。
当院には、「アドバンス助産師」が6名在籍しており、母子とその環境にやさしいケアを行うために、活動しています。

がん相談支援

当院では、がん分野の認定看護師が心身の辛さや将来に対する漠然とした不安・心配・困りごと、薬の副作用、セカンドオピニオン、治療の選択について、経済的なことなど、がんに関するさまざまなご相談に対応しております。

​​