• 教育体制
教育基準
教育方針
  • 看護部の理念に基づき、専門職業人として地域住民に信頼される看護職員の育成を目的とします。
  • 看護職員が質の高い看護を実践するために、必要な学習の機会を提供し支援します。
教育目的
  1. 看護倫理に基づいた、思いやりのある看護職員を育成する。
  2. 科学的根拠に基づいた、安全で安心な看護を実践できる看護職員を育成する。
教育目標
  1. 患者家族を尊重した関わりが実践できる。
  2. 専門的知識と技術に基づいた、安全で安心な看護実践ができる。
  3. 向上心を持ち、自己の役割を果たすことができる。
  4. 学生や後輩に対し指導、教育的関わりが持て、自らも成長できる。
  5. 医療チームの一員として自覚を持ち、良い人間関係が保たれる。
  6. 看護研究を通し、看護の質の向上を図る。
教育体制

 

education09.gif

 

現任教育
院内研修

各ラダー研修 e-ラーニングを活用した研修 臨床指導者研修 ELNEC-Jコアカリキュラム 看護倫理研修 看護助手研修 看護管理者研修 医療看護必要度研修 CNセミナー 院内看護研究発表会ほか

 

education01.jpg education02.jpg
院外研修

日本看護協会・北海道看護協会主催 自治体病院協議会研修会ほか

新人教育
  • 当院の新人を支える体制は「新人サポート制度」です。

『新人サポート制度』とは、新人看護職員の育成をめざし、年間を通し基本的な臨床実践能力を獲得するよう支援する制度です。固定チームナーシングの理念に基づき、教育担当者やメンタル面のサポートとしてはぁとサポーターなどの役割をもち、部署全体で育てます。

新人看護職員研修委員会が企画する年間研修やメンタルサポート、OJTにより、1年後にはクリニカルラダーⅠの獲得を目指します。

education04.jpg
新人研修

看護師として必要な基本姿勢と態度

4月

病院理念、看護部の理念・方針、看護部各委員会について、公務員として、接遇研修、看護倫理、メンタルサポート(第1回)

6月

メンタルサポート(第2回)

2月

メンタルサポート(第3回)

 

技術的側面

4~5月

感染防止の技術、採血の技術、創傷管理技術、血糖測定、検体の取り扱い、医療機器の取り扱い(シリンジポンプ、輸液ポンプ)、与薬の技術(注射、静脈内点滴)、食事・排泄の援助技術、口腔ケア、活動・休息の技術、エンゼルケア

6~7月

12誘導心電図、医療機器の取扱い(人工呼吸器)

8~9月

フィジカルアセスメント

10~11月

救急救命の技術、医療機器の取扱いフォローアップ

education03.jpg

 

管理的側面

4月

医療安全、災害・防災訓練、看護記録、看護必要度、物品管理、情報管理、薬剤管理、電子カルテ

10月

薬剤管理フォローアップ

 

education05.jpg education06.jpg

 

education07.jpg education08.jpg

 

​​