学院概要Overview
ごあいさつ
岩見沢市立高等看護学院は、1976年(昭和51年)4月に開設以来、約1280名の卒業生を輩出しております。卒業した先輩は、看護師、認定看護師、専門看護師、保健師、助産師として岩見沢市内はもちろん、道内、道外と幅広く活躍しております。
現代社会は、少子高齢化や人口減少を背景に医療を取り巻く環境は、大きく変化しています。看護師は、専門化が進む中で大きな役割を担うことを期待されています。
看護師を目指す皆さん、本学院の扉をたたかれることを期待しています。
 

岩見沢市立高等看護学院 学院長

学院概要

名称

岩見沢市立高等看護学院

所在地

〒068-0028 岩見沢市8条西9丁目34番地

設置者

岩見沢市

教員数

専任教員10名(2019年4月現在)

当学院の特徴

設置されている岩見沢市は南空知の中核として医療を担っています。緑豊かな自然に恵まれた環境の中で倫理観を基盤とした豊かな人間性、科学的根拠に基づいた看護実践が出来る能力を養い、地域社会に貢献できる看護師の育成を目指しています。

 

overview01.jpg overview02.jpg overview03.jpg
教育目的

保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)に基づき、看護師としての必要な専門的知識及び技術を習得させるとともに豊かな人間性を養い、地域社会の医療の発展に寄与できる看護師を育成することを目的とします。

教育目標
  1. 看護の対象である人間を、身体的、精神的、社会的な側面を持つ統合された存在であると理解できる能力を養う。
  2. 倫理観を基盤に多様な価値観を尊重でき、自らの向上のために学習する能力を養う。
  3. あらゆる健康レベルにある対象に科学的思考に基づいた看護実践が出来る能力を養う。
  4. 保健医療福祉のチームの連携をはかり、看護師の役割を果たす基礎的能力を養う。 

 

overview04.jpg

同じ看護への道をめざす仲間と共に、時には悩み、協力して学習していきます。看護専門職としての意識を互いに高め、切磋琢磨しながら成長していきます。

overview05.jpg

臨床という、実際に治療が行われている場に置いて,正確で安全な看護を行うべく、日々知識と技術の向上に取り組んでいきます。

 

 

 

​​