部分検診・オプション検査
部分検診・オプション検査概要

健康センターでは、血液検査のみや胸部X線検査のみなど単体の検査や各種健康診断や人間ドックに追加できるオプション検査を用意しています。

部分検診
検査項目/検査内容 料金
  • 尿検査(糖、淡白、潜血、ウロビリノーゲン、沈査)
626円(税込)
※10月から消費税額増(630円)
  • 血液検査〔赤血球、血色素量、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、空腹時血糖〕
1,965円(税込)
※10月から消費税額増(2,000円)
  • 胸部X線検査
1,836円(税込)
※10月から消費税額増(1,870円)
  • 心電図検査
1,620円(税込)
※10月から消費税額増(1,650円)
  • 胃部X線検査
13,554円(税込)
※10月から消費税額増(13,800円)
オプション検査
  検査項目 検体 検査内容 料金 受付
骨密度検査(超音波法)   骨量検査(骨粗鬆症)、足の踵で測定します。
1,000円(税込)
※10月から消費税額増(1,010円)
当日可
骨密度検査(X線派法)   骨量検査(骨粗鬆症)、腰椎で測定します。
3,200円(税込)
※10月から消費税額増(3,250円)
下記参照
前立腺特異抗原(PSA) 血液 前立腺がん、前立腺肥大を調べる検査です。がんができるとPSAが正常の2倍以上に増えるため早期がんの発見につながります。
2,500円(税込)
※10月から消費税額増(2,540円)

健診日 当日でもご予約できます。
ご相談下さい。

膵腫瘍関連抗原検査
(CA19-9)
血液 膵臓がん、胆管がん、胆のうがん等は80~90%、胃がん、大腸がんは30~50%の確率で反応を示します。
2,200円(税込)
※10月から消費税額増(2,240円)

α―フェトプロティン検査
(AFP)

血液 原発性肝がん、肝炎、肝硬変等、主に肝臓に重点をおいた検査です。
1,700円(税込)
※10月から消費税額増(1,730円)
がん胎児性抗原検査(CEA) 血液 主に胃がんや大腸がん等、消化器系のがんに陽性反応を示しますが、消化器以外の部位にがんがある時も反応します。
*長期喫煙者の場合、この検査で陽性反応を示す場合があります。
1,700円(税込)
※10月から消費税額増(1,730円)
胃スクリーニング検査
(ペプシノゲン)
血液 胃の粘膜の状態を調べる検査です。主に胃炎や胃潰瘍、早期胃がん等がわかる検査です。
*進行がんの早期発見を目的としていません。
3,500円(税込)
※10月から消費税額増(3,560円)
ピロリ菌抗体検査 尿 当日提出する「尿」を使用して検査します。胃がんや胃潰瘍などの原因となるピロリ菌の有無を調べる検査です。ピロリ菌があった場合は、除菌により胃がんや胃潰瘍などにかかるリスクを下げることができます。
1,000円(税込)
※10月から消費税額増(1,010円)
動脈硬化検査(ABI)   血管の詰まり具合を調べる検査です。
*結果が血圧に左右される検査なので、高血圧や不整脈がある方は正式な結果が出ない場合があります。
2,000円(税込)
※10月から消費税額増(2,030円)
人間ドック受診者のみ
人間ドック・検診に関する問い合わせ先
個人でお申し込みの方
お電話でお願いします。電話:0126-32-0888
企業・団体でお申し込みの方
お電話又はファックスでお申込みいただくと、後日予約担当より内容詳細の確認連絡をさせて頂きます

電話:0126-32-0888 / FAX:0126-32-0887

​​