岩見沢市立総合病院卒後臨床研修プログラム


研修生の声

○平成28・29年度研修医 小野寺 慧洲(北海道大学卒)

 私が当院での初期研修を決めたのは、全体的な雰囲気の良さ、多すぎず少なすぎない医師の数、札幌からも近いこと、そういったものが決め手となりました。
 何より上級医から直接指導していただくことができ、どの科の先生にもいい意味で距離感が近い分相談しやすく、ある程度自分のペースで学べる環境であるというのが他にはない特色であると思います。
 研修医の数は比較的少ないですが、逆に言えばそれだけ1人当たりの経験が増えると考えられます。
 実際、内科系では上部・下部消化管内視鏡、気管支鏡、心カテ、ペースメーカー留置、中心静脈カテーテル、外科系では胆摘、虫垂切除、ヘルニアなど1年目から多くの手技、症例を学ぶことができました。
 将来の診療科を決めている方もそうでない方も当院での初期研修はきっと大きな成長の糧になろうかと思います。



○平成28・29年度研修医 植村 健治郎(弘前大学卒)

 当院は手技において全国でも指折りの病院ではないでしょうか。
 研修医は各科に1人なので、熱心な指導のもと様々な手技を数多く経験することができます。
 外科ではヘルニア、胆摘、虫垂切除、CVポート、シャント造設、麻酔科では挿管、麻酔管理、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、内科では気管支鏡、上・下部内視鏡、心カテ、ペースメーカー埋込など、研修医1年目では贅沢過ぎる程の経験をさせてもらえる病院です。
 教育環境に関しても贅沢なのは言うまでもありません。
 ローテートしている科では多くの上級医からマンツーマン以上「1対多」の指導を受けることができます。
 また、医局がワンフロアなので各科の先生方との距離が近いところも魅力の一つです。
 例えば、日々の診療で疑問に思ったことを皆で給食を食べながら気軽に話し合うこともできます。
 当院は研修医が各科の先生、パラメディカル、事務の方など病院に関わる皆さんに温かく見守られながら成長を実感できる病院です。



○平成26・27年度研修医 森口 卓哉(獨協医科大学卒)

 岩見沢市立総合病院は、南空知の中核病院として多様な症例が集まる病院です。研修医の数は少ないですが、その分、受身ではなく積極的に学びたい人にとって、当院はとても良い環境であると思います。患者さんも皆さん協力的で、自分から望めば経験豊富な上級医のもと本当に何でも学ぶことができます。私も実際に研修医1年目から、内科系では上・下部内視鏡、気管支内視鏡、心カテ、IVHなど、外科系では虫垂切除、胆摘、硬膜外麻酔など他院ではとても経験できないような手技までも経験させていただきました。
 また、自分の力量で日当直回数を増やすことも可能です。当直業務は、1年目は上級医とともに二人で、2年目からは一人で行います。全科当直のため、いわゆる総合診療のようなもので、1次~3次救急まで自然と様々な疾患を診ることになります。自分の知識・初期対応力が試され、自ら学ぶ意欲が湧き実戦力も上がります。先輩研修医や同期との屋根瓦方式和気あいあい研修がしたいという方にはこの病院は向かないでしょう。しかしながら、たすきがけで来る研修医や、3年目以降の各科に進まれた後期研修の先生方もたくさんいらっしゃるので話し相手がいない、若いエネルギーが足りないなんてことはありません。
 何より研修医とは比べられないほどの知識を持った専門の先生方にマンツーマンで指導を受けられるので、屋根瓦方式以上にきちんとしたevidenceに基づく知識を得られることと思います。
 文章ではまだまだ伝え切れていないことがたくさんあります。興味を持たれた方は是非一度見学にいらしてください。



○平成25・26年度研修医 池田 毅(札幌医科大学卒)

 岩見沢市立総合病院は、南空知の中核病院として多様な患者が集まる病院です。研修医の数は多くありませんが、その分、上級医の先生の熱心な指導や豊富な症例や主義を経験する機会に恵まれます。
 また、病院全体の雰囲気が良く、各科の先生に相談しやすくスタッフの方々も親切です。札幌からも近くて休日も不便しないです。楽しく充実した研修ができることうけあいです。
 興味を持たれた方は是非一度見学に来てみてください。



○平成24・25年度研修医 橋詰 勇祐(北海道大学H24年卒)

岩見沢市立病院で研修が始まってから早くも1年が過ぎようとしています。学生の頃と違って1日1日過ぎていくのがとても早く感じるのは毎日が非常に充実している事の表れだと思いますが、HPの場をお借りしてこれまでに学んできた事を回顧すると共に、学生の皆様には研修するに当たって優れた病院であることを伝える事ができたらと思います。

・ 内科:まずは内科研修(呼吸器2ヶ月、消化器2ヶ月、循環器2ヶ月)からのスタートとなります。ここでは病棟管理のイロハを学ぶと共に患者さんへのICを始めとした会話力も試される場となります。病棟管理では各検査をいつ行い、その根拠は何なのかを考え指導医と相談することとなります。学んだ手技としては採血、IVH、胸腔穿刺、胸水穿刺、気管支鏡、咽頭麻酔、腹水穿刺、骨髄穿刺、腰椎穿刺、心臓カテーテル検査、ペースメーカー埋め込み術、エコー、上部消化管内視鏡検査、PEG造設・交換などが挙げられます。

・ 外科:当院では外科医の先生方が透析管理も行っています。そのため外科研修中は透析についてもある程度学習することが出来ます。手術中は見ているだけという事はほとんどなく、常に何らかの役割を果たす事になります。また術前の動脈血採取や回診時のガーゼ交換、ドレーン抜去は基本的には研修医の役割です。各種手術補助、シャント血管穿刺、CTガイド下腹水穿刺、気管切開およびカニューレ交換、皮膚・皮下・筋膜縫合、消化管ガストロ造影、バスキャスカテーテル挿入、経皮血管形成術、シャント形成術、エコーガイド下腕神経叢ブロックなどを学びました。

・ 小児科:選択科として小児科を1ヶ月研修させて頂きました。同科では基本的には外来見学や点滴補助がメインとなり、病棟とはまた違った現場を長く体験することが出来ます。そのため、救急外来に小児が受診して来た際の対応法を指導医から深く学ぶことができ、一通りの処方についてもある程度考えることが出来るようになります。

・ 麻酔科:麻酔科ではまず気管挿管の方法から学ぶこととなります。3ヶ月の研修の中で1ヶ月ごとに徐々に任される役割が増えていき、最終的には術前の麻酔法に関するIC挿管前後の麻酔薬導入および維持、覚醒にむけた麻酔薬の調節を学ぶことが出来ます。術前のICでは患者さんからお話を聴く前に一通りの患者背景に目を通さなくてはならず、内科で学んだ画像読影・心電図解析の知識や外科で学んだ手術内容についての知識が非常に役立つため、これまでのことの総復習にもなります。アンビューを用いた換気、適切な気道確保法、気管挿管、PVライン確保、Aライン確保、脊椎麻酔、硬膜外麻酔を用いた疼痛管理、バイタル変動時の薬物管理などを学んでいます。

以上長々と作文してしまいましたが、この他にも珍しい手技が行われる場合には自分が研修していない科であっても上の先生が呼んでくださることもあり、人数が少ないことの利点はそこにあると思いますので、たくさんの方が見学に来ることをお待ちしています。



○平成23・24年度研修医 中谷資隆(北海道大学H23年卒)

2年間の初期研修を終えて-研修病院にお悩み中の医学生の皆さんへ
  医学部6年生の春に当時初期研修医が2名だった当院に見学に来ました。その時に先輩K医師が「研修医が少ない病院だけど、その分症例も手技もいろいろ経験できる」と一言いい、私は「なるほど、そうかも!」とこの病院での研修を決めました。2年間の初期研修を終えた今、その言葉に偽りはありませんでした。
マッチングを控えた医学生にとって、大学外での研修病院を決定する際に、1.豊富な症例・手技を経験できる、2.研修医の指導に慣れた指導医がいる、3.頼りになる同期がいる、などは重要なポイントだと思います。当院での研修に照らし合わせると、1.豊富なcommon diseaseを病棟や救急外来双方で経験でき、時に診断に難渋するrare disease、interesting diseaseも経験できる、2.研修医の数が少ない分、上の医師から気にかけられており、指導医以外の医師(他科診療科の場合もある)からの指導も豊富である、3.頼りになる同期は正直の所いない可能性もあるが、自分のペースで伸び伸びと研修を送りたい人には向いている、となるでしょう。
それ以外での当院における研修の魅力は、研修医個人の考えや目標に応じたフレキシブルな研修が可能だということです。具体的には、「総合診療医志望で、2年目の研修では、いろいろな診療科で研修したい」という希望があれば、たとえ1ヶ月毎でも研修可能です。あるいは正反対に、「外科志望なので、2年目は外科で。1年目でも手技や緊急手術などあったらどんどん参加したい」など、1つの診療科に特化した研修もできます。
また、医師が40人ちょっとの病院で科の垣根が低く、また、教育好きの医師も多いのも魅力の1つで、診断や治療に迷った時に他科の先生でもコンサルトしやすい雰囲気が病院全体にあります。内科研修中、ある日曜日の午後、「(外科の)先生、この患者さんのレ・ントゲンなんですが…」「どれどれ、これは気胸だな。よし、今からトロッカー入れるぞ。やってみるか?」これは一例ですが、研修医が少ないからこそ、医師も看護師も他の医療スタッフも研修医を気にかけてくれる、指導してくれる、そんな病院です。
  当院は、研修病院としては発展途上の病院です。研修した医師数も少なく実績はありません。その分、研修医の自主性・積極性を重んじ、伸びやかに自由に研修できる気風が代々の研修医によって着実に育まれています。他の病院では実現できないような研修が当院ではできるかもしれません。「こんな研修がしたい!」という目的意識に溢れた学生さんから「医学部卒業するけど、将来どうしよう…」という方向性の定まらない学生さんまで、医師・病院スタッフ一同、受け入れるキャパシティのある病院です。まずは、一度見学に来てはいかがでしょうか?



○平成24年度研修医 岩原 直也(旭川医科大学H24年卒)

 もうすぐ医師としての最初の一年間が終わろうとしています。今思い返すとあっという間の一年間でしたが、研修医としてスタートできたことは大変有意義な時間だったと思います。
理由は三つあります。一つ目に、道内で有名な研修病院と遜色がない充実した研修が送れることです。具体的に言うと、walk inからCPAまで幅広い救急患者を診ることができ、手技・症例においても豊富で沢山の経験ができます。研修医一年目でも、救急外来において後半からは上の先生が見守っていてくれる中、自分で診察し検査をオーダし、診断していくことも経験できます。そして、足りないところはアドバイスしてもらえ、とても勉強になります。
二つ目は、研修医に対し指導熱心で優しい先生が沢山おり、他科を研修していても研修医にとって勉強になることは声をかけてもらい経験させてもらえることです。僕は、最後の2ヶ月間は外科で研修していたのですが、泌尿器科の手術を見学させていただいたり、実際に内視鏡カメラを操作させてもらったり、前立腺生検をさせてもらうこともできました。
三つ目は、札幌や旭川(出身地)に近く気分転換がしやすいということです。車で高速道路を使えば、札幌までは1時間もかからず行くことができ、友達に会い気分転換をすればまた研修を頑張ろうという気持ちになれます。
私は、初期研修のたすき掛けで一年間研修させてもらいましたが、もう一年間ここで研修したいなと思えるほど、充実した研修を送ることができました。ぜひ、少しでも興味を持った方は見学に来てください。



○平成22年度研修医  川上 裕次郎 (札幌医科大学H22卒)

 当院では、教育熱心な先生方のフォロー、フィードバックの下、地域基幹病院の症例を学ぶことができ、充実した研修を送ることができます。
 病院の規模からすると研修医が少なく、プログラムも他の有名病院のように整ってはいませんが、その分自由度が高く、積極的に行動すれば、全科の先生方から知識や経験を思う存分吸収することができます。
 また、今年度から、定期的なミニレクチャーを各科先生方が開いて下さり、救急、プライマリーケアに必要な知識を享受できます。当院は研修医の希望に応えてくれる環境であり、初期研修がより充実する素地があると実感しています。
 興味を持たれた方は是非見学にいらして下さい。



○平成20年度研修医  倉本 倫之介 (北海道大学H20卒)

 岩見沢市立総合病院は、空知地区の中核病院として様々な症例が集まる病院です。近隣の病院で医師の撤退が相次いでいることもあり、救急車も毎日忙しなくやってくるため大変ではありますが、学ぶことも多く勉強になる毎日です。
 研修システムもしっかりとしており、先生方からの手厚い指導の下に様々な症例の患者さんを主治医として担当することができ、手技に関してもGTF、CF、BF、IVH挿入、ドレーン挿入、心カテ、グラム染色などを4月から積極的に研修医も行なうことができ、研修医が担当する受け持ち患者数、手技数は実は道内一ということはあまり知られていない事実でもあります。
 しかし、そんな指導をしてくださる先生方の理念は、手技よりも知識や考え方を大切にするということであり、普段ではあまり教えてもらえない臨床薬理学、輸液学、栄養学、術前・術後管理など、様々な知識を十分に享受していただけます。
 受身ではなく、積極的に学びたい人にとっては、ここ以上の病院は無いといっても過言ではないでしょう。



○平成20年度 後期研修医  渡辺 雅弘 (札幌医科大学H19卒)

 私は初期研修を近くの小規模の病院で行っていました。必修の研修を終えたところで、担当した症例の少ないことを感じました。そこで、内科をより深めたいと思い、2年目の選択研修をこの岩見沢市立総合病院にお願いしたところ、快諾していただき、内科の循環器領域で3ヶ月間、呼吸器領域で4ヶ月間、研修させていただきました。
 この病院は、南空知の基幹病院なので、近隣からたくさんの患者さんが受診され、症例が豊富です。様々な症例の患者さんを受け持たせていただき、また、受け持たなくても、諸先生方の治療に対する考え方や、手技、処方を間近でたくさん見ることができ、その後の診療に役立っています。
 研修の途中からは、日中の内科救急車当番を担当させていただきました。ファーストコールの対応です。内科への救急車は1日平均約2台です。何人かの医師で担当していますが、週に4台程度の救急車があたります。中には、実は内科疾患ではなかったものやCPAも含まれています。しかし、診察場所が内科外来の横にあるので、困ったときはすぐに先輩内科医師達に相談できます。また、他科の外来も行われているので、コンサルトも容易です。夜間当直で感じるようなストレスを感じずに対応することができ、フィードバックもその場で受けることができます。症例によってはその後、主治医となることもあります。もちろん、夜間当直でも各科の先生方にコールをしても、すぐに対応してくれますし、日常の診療でも、コンサルトしやすい雰囲気があります。

 この病院の初期研修に有用な特徴は、たくさんの経験を積むことができることと相談しやすい雰囲気だと思います。そうして、私はこの病院で後期研修もお世話になり、今年で後期研修3年目に突入しました