看護部のご案内

看護部長挨拶 / 看護部理念・方針等 / 看護部委員会 / 認定看護師 / 看護部各部署のご紹介/

*3階東病棟(外科・皮膚科)

 私たちの病棟は消化器外科を中心に、手術・検査・化学療法を目的とした入院が主になります。患者さま、ご家族が安心して入院生活を送れるよう、検査・治療に関する説明を十分に行い、安全第一に考えて看護をしています。  また、退院後の生活が安心して送れるよう、社会資源の情報提供など地域医療連携室と情報共有も綿密に行っています。

*3階西病棟(泌尿器科・消化器内科・耳鼻科)

 私たちの病棟は、泌尿器科疾患・消化器内科疾患・耳鼻科疾患の患者様が入院されている混合病棟です。
 膀胱や腎臓・前立腺の病気のための手術や検査・抗がん剤治療、大腸ポリープの検査を受けられる方が多いのが特徴です。看護師は若手から中堅まで心優しく美人ぞろいで、明るく元気に働いています。医師や他部門との連携を深め、患者様が安全に治療をうけ退院できるように、その人らしさを大切にケアしていきたいと考えています。

*4階東病棟(循環器内科)

 私たちの病棟には、主に心筋梗塞をはじめとする急性期の循環器疾患、糖尿病、心臓の検査(心臓カテーテル)目的の患者様が多く入院されます。患者様が、安心して検査・治療が受けられ早期に退院できるよう、私たちは、個別性のある看護の提供を目指しています。

*4階西病棟(産婦人科・小児科)

 4階西病棟は、産婦人科・小児科の混合病棟で、助産師と看護師が協力して、あらゆる年代の方のケアを行っています。婦人科疾患では、手術を受ける急性期から終末期の看護、小児科では感染症や慢性期疾患など、多種多様な対応をしております。分娩は正常分娩に限らず、合併症を持つ方の分娩も受け入れており、他科の医師と連携して管理を行っており、外来で行う妊婦健診も、一部を病棟助産師が『チャオ♡ママ外来』として担当し、妊婦さんの希望に寄り添うケアができるように活動しています。
 産婦人科・小児科は大学病院からの応援体制もあり、連携を取りながら手術・治療をしています。
《出産体験談・H様》
出産という経験が、こんな素晴らしいこととは!
本当に嬉しくて、感激を味わえました。
あの感激は1回だけでは物足りないので、近い将来またよろしくお願いします。
Dr、助産師さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

*5階東病棟(整形外科・眼科)

 私たちの病棟は整形外科と眼科の混合病棟です。整形外科は外傷、転倒などによる骨折に加え、怪我による受傷の方など成人から老年期まで様々な年齢層の患者様が入院されています。眼科は入院から退院までの展開が非常に速く、白内障、緑内障、網膜剥離など幅広い治療・手術を行っています。
 スタッフ一同、入院から退院まで患者様の意思を尊重した優しい看護を提供したいと考えています。

*5階西病棟(脳神経外科・耳鼻科)

 私達の病棟は脳神経外科・耳鼻咽喉科の混合病棟です。小児から老年期まで幅広い年齢層の患者様が入院されています。
 医師をはじめ多職種と協力し、患者様・ご家族が入院から退院まで、安全に安心して入院生活を送れるよう日々努力しています。
 5階西病棟は若いスタッフが多く、活気にあふれています。また私達、看護師はどんな時も患者様・ご家族に思いやりを持ち、優しい笑顔で看護していけるように心がけています。

*6階東病棟(消化器内科)

 私たちの病棟は消化器内科の病棟です。近年、入院患者様が急増しており、とても需要の高い病棟となっています。
 消化器疾患の急性期における様々な内視鏡的治療や処置、化学療法を行う方や緩和ケアを必要とする患者様等、多岐にわたる病期の患者様に対応しております。当病棟において、安心して検査・治療・看護を受けて頂けるようスタッフ一同努めております。また、患者様とそのご家族への心配りも大切にしながら、早期退院を目指し地域で安心して生活できるようご支援させていただきます。

*6階西病棟 (呼吸器内科)

 私達の病棟は肺がん・肺炎・肺気腫・肺気胸などの患者様が多く入院されます。私達看護師は患者様の『その人らしさ』を大切にし、家族・医師を含め、他部門のスタッフと共にチームで支えていけるよう日々取り組んでいます。看護師の笑顔とパワーで患者様の気持ちも明るく元気にし、安心して療養生活を送れるよう接遇・倫理教育にも力を入れています。新人を含めスタッフの親睦を深め『働きやすい職場』をめざし、仕事に活かしています。とても楽しい病棟ですのでぜひ、一緒に働きましょう。お待ちしています。

*4階透析病棟(透析)

 私たちは、地域の中核病院の透析病棟として、腎不全の保存期から透析治療導入期、維持期、終末期までを担当し看護を行っています。検査や手術の依頼で各地から入院される患者様に、安心して検査・治療・看護を受けられるよう、スタッフ一同が患者様・ご家族様とのコミュニケーションを大切にしています。また、空知管内の病院からの紹介患者様も多数いて、生活の場となる入院生活を安心して送れるよう関わっています。そして、患者様1人1人を尊重して思いやりのある、やさしい看護を提供しています。スタッフはみんな明るく生き生きして看護に携わっている病棟です。

*5階メンタルヘルス病棟(メンタルヘルス科)

 当病棟は、メンタルヘルス科開放病棟で慢性期統合失調症・うつ病・認知症等の高齢患者様が入院されています。身体合併症のある患者様にも対応し、静かに静養できる環境を目指しています。患者様の思いを尊重し、心を大切にしながら寄り添い、その人らしい生活が送れるよう、自立に向けた看護に取り組んでいます。

*7階メンタルヘルス病棟(メンタルヘルス科)

 当病棟は、閉鎖病棟として開放病棟と連携を取りながら患者様の治療と看護にあたっています。患者様個人を尊重し、地域社会へ復帰するための日常生活行動の自立に向けた支援を、医療チーム一丸となって協働・検討し進めています。また、身体合併症のある方に対しては、早期回復に向けて看護を提供しています。生活を整えるという視点でレクレーションを行っており、患者様のいきいきとした表情を伺うことができます。患者様の思いを尊重し、心を大切にしながら寄り添い、その人らしい生活が送れるよう、自立に向けた看護に取り組んでいます。

*外来

 一日約800名程の患者様が来院され、通院や救急の診察・検査・処置の介助を行なっております。看護職員の8割近くが子育て世代であり、協力体制のもと業務に取り組んでいます。救急外来も担っており、看護師としてのキャリアアップも図れ、自己研鑽に励んでいます。地域の皆様に信頼される、やさしい看護の実践を心がけています。
 また、認定看護師や糖尿病療養指導師が在籍しており、フットケア外来・リンパ浮腫外来・ストマ外来など専門性を活かし、患者様の生活状況に合わせた看護に努めています。

*外来治療室

 外来治療室では、通院しながら安全でかつ快適に化学療法やホルモン療法を受けていただける環境を提供しています。また、患者様やご家族の様々な思いを大切にしながら、治療中の気がかりや日常生活での工夫等のご相談をお受けしています。治療を継続しながら安心して過ごせるようにサポートしています。

*血液浄化センター

 血液浄化センターはベッド数69床で、月水金3部・火木土2部体制で、約200名の患者様の透析を行なっております。導入期から、透析歴が30年を超えるベテラン患者様など、さまざまな患者様の透析を行なっています。また、南空知管内における緊急透析や、シャント造設、全国各地からの旅行者の透析なども行なっております。スタッフ一同、地域の皆様に信頼されるやさしい看護を心がけ、個別性のある看護の提供と、患者様に納得していただける安全な透析医療の提供を目指しています。

*手術室・中央材料室

 手術は、年間約2600件(7科)行われており、今後更に増加傾向にあります。
 私達は、手術が安全に行われるために医師や医療技術部門等と協同して、患者様本人であること・手術部位の確認や手術器械等のチェック体制を強化しています。そして、出来る限り手術前・後に患者様にお会いして、少しでも不安が和らぐように看護することを心掛けています。また中央材料室は、院内の医療材料や器具類の洗浄・消毒・滅菌を確実に実施し、物品を供給することで、感染防止の重要な役割を担っています。