看護部のご案内

看護部長挨拶 / 看護部理念・方針等 / 看護部委員会 / 認定看護師 / 看護部各部署のご紹介/ 病院見学案内

看護部へようこそ!

 岩見沢市立総合病院は、自治体病院として、南空知地域の救急医療を中心に在宅まで「つなぐ医療・看護」を提供している病院です。
 看護部では、患者の安全を最優先に知識と技術を養い、良い人間関係と看護倫理に基づいた「やさしい看護」をめざし、取り組んでいます。
特に、高齢化社会の中で患者の退院支援・在宅支援で患者が安心して地域で暮らすために何が必要かを考え、地域との連携に取り組んでいます。
看護師として、基本的な学びを得ることができ、さらに専門的なケアを創造できる当院でともに働きませんか。
看護部長 中野和美

《看護部理念》

地域の皆様に信頼されるやさしい看護の実践

《看護部方針》

  1. 個人を尊重した思いやりのある看護を提供します。
  2. 専門的知識に基づいた安全で安心な看護を実践します。
  3. チーム医療を推進し、地域医療連携の推進に努めます。

《めざす看護師像》

  1. やわらかい態度で寄り添う看護師
  2. 自分で考え行動できる看護師
  3. チームワークを大事にして協働できる看護師
  4. 向上心があり自ら学べる看護師
  5. 社会的役割を理解できる看護師

《平成29年度看護部目標》

  1. 患者・家族の意思決定を尊重し、在宅支援・退院支援を推進する
  2. 患者サービスの向上
  3. 働きやすい職場つくり

《看護部概要》

看護単位 14単位
看護体制 一般病棟10:1 メンタルヘルス15:1
勤務体制 2交代、3交代、ミックス夜勤制度
看護ケア方式:

《看護部委員会》

看護部委員会体系図

《看護の日委員会》

 ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日は『看護の日』に制定されています。
私達は看護の日を市民の皆様に知ってもらい、看護・介護への関心を深めてもらうために 「看護の日週間」をもうけ、看護の日イベントや市内の高校生を対象に「ふれあい看護体験」 などを行っています。
 オリジナルTシャツを着用し、今年も楽しいイベントが盛り沢山です。

平成29年度
☆看護の日イベント 5月11日(木)~12日(金)
 ・認定看護師による看護相談
 ・吹奏楽ミニコンサート
 ・ボランティアによるレクリエーション
☆ふれあい看護体験  7月4日(火)5日(水)~市内の高校生(40名)

《教育基準》

  1. 教育方針
    看護部の理念に基づき、専門職業人として地域住民に信頼される看護職員の育成を目的とします。
    看護職員が質の高い看護を実践するために、必要な学習の機会を提供し支援します。
  2. 教育目的
    1) 看護倫理に基づいた、思いやりのある看護職員を育成する。
    2) 科学的根拠に基づいた、安全で安心な看護を実践できる看護職員を育成する。
  3. 教育目標
    1) 患者家族を尊重した関わりが実践できる。
    2) 専門的知識と技術に基づいた、安全で安心な看護実践ができる。
    3) 向上心を持ち、自己の役割を果たすことができる。
    4) 学生や後輩に対し指導、教育的関わりが持て、自らも成長できる。
    5) 医療チームの一員として自覚を持ち、良い人間関係が保てる。
    6) 看護研究を通し、看護の質の向上を図る。
  4. 教育体制
*現任教育に関すること(平成29年度予定)
1) 院内研修:各ラダー研修 臨床指導者研修会 CNセミナー(がん性疼痛CN、乳がん看護CN、緩和ケアCN、皮膚・排泄ケアCN、感染管理CN、認知症看護CN) 看護倫理研修会 看護助手研修 接遇研修 看護管理者研修 院内看護研究発表会ほか
 
2) 院外研修:日本看護協会・北海道看護協会主催  自治体病院協議会研修会ほか

*新人看護職員研修に関すること
1) 当院の新人を支える体制は「新人サポート制度」です。
 『新人サポート制度』とは、新人に関わる職員が精神面・技術面・生活面を支える制度です。チームメンバー全員が構成員であり、日常の様々な場面において、チーム全体で新人を育成・支援します。
 また、「はぁとサポーター」が主体となり新人のメンタルサポートを行っています。

2)新人研修(平成29年度予定)
(1)看護師として必要な基本姿勢と態度
4月  病院理念 看護部の理念・方針 看護部各委員会について
 公務員として 接遇研修 看護倫理 メンタルサポート(第1回)
6月  メンタルサポート(第2回)
平成30年2月  メンタルサポート(第3回)
(2)技術的側面
4月  感染防止の技術  採血の技術  創傷管理技術  血糖測定
 検体の取り扱い 医療機器の取り扱い(シリンジポンプ、輸液ポンプ)
 与薬の技術(注射、静脈内点滴)  食事・排泄の援助技術
 口腔ケア 活動・休息の技術 エンゼルケア
6月  12誘導心電図
7月  医療機器の取扱い(人工呼吸器)
8月  医療機器の取扱いフォローアップ(シリンジポンプ、輸液ポンプ)
9月  フィジカルアセスメント
10月  救急救命の技術
(3)管理的側面
4月  医療安全  災害・防災訓練  看護記録(第1回)
 看護必要度  物品管理  情報管理  薬剤管理
11月  薬剤管理フォローアップ

平成29年度新人看護職員研修風景
 
(与薬の技術~注射~) (接遇研修~身だしなみ~)
 (集合研修を終えて) 

《認定看護師会》
<感染管理認定看護師>
坂下 路絵

あらゆる場面での感染のリスクを減らし、皆さんを守るための活動をしています。
阿部 珠子
感染防止対策室で患者・来院者・医療従事者の安全を守るために活動しています。

<皮膚・排泄ケア認定看護師>

北村 ひと美

褥瘡や下腿潰瘍、その他の創傷を専門として、創傷ケアを中心に実践しています。フットケア外来も行っています。

小原 菜穂

ストーマ・創傷管理を中心に活動しています。月に2回ストーマ外来を担当し、退院後のオストメイトの方のケアを行っています。

北山 美保

院内の褥瘡管理を担当し活動しています。一緒に褥瘡ケアを実践してみませんか?

<乳がん看護認定看護師>

山田 恵美子

乳がん患者さんをはじめ、婦人科がん患者さんなどのリンパ浮腫ケアを中心に、活動しています。

<がん性疼痛看護認定看護師>

竹内 純恵

痛みを中心にがん患者さんとその家族のケアを行っています。

<緩和ケア認定看護師>

上岡 晃

ご本人・ご家族の「その人らしさ」を大切にしてケアを行っています。

<認知症看護認定看護師>

松井香織

認知症ケアチームの一員として活動しています。パーソン・センタード・ケアの考え方を大切にケアに取り組んでいます。

看護外来

  実施日 対象の方 連絡先
ストーマ外来 毎月第2・4木曜日 ストーマケアを行っている方 外科・泌尿器科外来
フットケア外来 毎週水曜日 足病変のある方 皮膚科外来
リンパ浮腫外来 毎月第1・3火曜日 リンパ浮腫を伴うリスクのある方 内線2178
がん相談室 予約にて調整 がんの方とそのご家族 内線2168

助産師外来(チャオ♡ママ外来)

 助産師外来では、お産のときにお手伝いさせていただくことになる病棟の助産師が担当し、
マンツーマンの完全予約制という中で、「こんなお産がしたい」「こんな育児がしたい」と
考えている妊婦の皆様の想いを受け止め、お手伝いします。
 あらかじめスタッフと顔見知りになることができますし、待ち時間がないのも魅力です。
ゆっくり時間をとってなんでも相談できますので、妊婦健診の際にお尋ねください。

<アドバンス助産師>
2015年8月に始まった、助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)“CLoCMiP(クロックミップ)”レベルⅢ認証制度で、日本助産評価機構がレベルⅢを認証しています。
認証を受けた助産師は、「アドバンス助産師(advanced midwife)」と呼称され、自律して助産ケアを実践できる能力を認証されていることから、院内助産・助産外来などで専門性を発揮することを期待されています。
当院には、「アドバンス助産師」が6名在籍しており、母子とその環境にやさしいケアを行うために、活動しています。

《看護部各部署のご紹介》

こちらをごらんください

《病院見学会のお知らせ》

下記の通り病院見学会を開催いたします。是非当院の雰囲気を感じてください。
お待ちしています!


日時 平日随時対応可(要事前連絡)
14:00~15:30予定
内容 病院概要・看護部理念及び方針・看護体制・教育計画
病院見学その他
連絡先 看護部 炭谷 智子(総務担当看護科長)
    TEL 0126-22-1650 PHS2054
    sumitani@mc.city.iwamizawa.hokkaido.jp