平成28年度 岩見沢市立総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 683 109 101 160 253 518 1299 1735 1306 292
当院は南空知二次医療圏の中核病院として多くの患者様が来院され、その中でも60歳以上の受診患者数が全体の70%を占め、地域の高齢化社会に伴い60歳以上の受診患者数が多いことが見えました。また市内だけではなく隣接地域などからの受診患者も見られています。
また10歳未満の患者様は約80%が他医療機関から紹介来院されています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
当院は、DPC対象病院への届出申請を平成30年度に予定しております。
よって、診断群分類別患者数を集計できない為、指標は掲載しておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 9 33 19 43 10 1 7
大腸癌 15 44 46 33 48 23 1 7
乳癌 16 21 8 8 40 2 1 7
肺癌 12 11 22 57 11 24 1 7
肝癌 0 1 0 0 27 3 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では胃・大腸を始めとする消化器系の癌患者の割合が多くみられています。胃癌に対しては約45%、大腸癌に対しては約70%が腹腔鏡下の手術を行っており、開腹術に比べ創部が小さく済み、術後の患者様のADLの低下を防ぐよう取り組んでいます。
肺癌では他院からの依頼も受けリンパ節転移や遠隔転移に対する放射線治療を多数行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 5 8.00 50.60
中等症 44 12.27 74.61
重症 23 18.57 84.65
超重症 23 19.70 82.61
不明 68 7.32 19.85
患者様の年齢が上がるほど肺炎の重症度が上がっている傾向があり、平均在院日数も長くなっていることがわかります。
ADLの低下を防ぐため、呼吸器リハビリや嚥下訓練等を行い、ADLの向上に取り組んでいます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 12.50 81.00 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 113 30.47 78.30 0.90
その他 7 22.00 69.00 0.05
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 14.00 71.00 0
その他 2 14.50 70.00 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
発症3日以内の急性脳梗塞が全体の9割を占め平均年齢も78.3歳と高い傾向がみられました。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 74 3.86 7.08 0.02 72.01
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 32 6.16 10.31 0.05 77.63
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 19 0.05 19.47 0 72.95
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 17 0.18 16.88 0 64.00
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 3.93 6.13 0.03 73.93
内科では循環器・呼吸器疾患を診療、そのなかでも心疾患に対する治療が多く占めています。狭心症や心筋梗塞に対するステント留置術は、当院へ通院中の患者様の他、近隣地域からの救急搬送による緊急手術などにも体制を整えており多くの患者様の受け入れを行なっています。
心疾患以外にも、糖尿病や肺炎などの治療も多く行なっております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 222 0.95 1.55 0 68.36
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 77 1.18 17.30 0.15 76.79
K654 内視鏡的消化管止血術 54 0.39 11.37 0.06 72.50
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 40 1.73 6.65 0.06 39.78
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 21 0.81 5.76 0 71.14
当院の消化器科の受診状況は紹介入院が消化器受診患者の約45%を占めており、その内約30%が大腸癌・胃癌に対する入院、約10%がポリープによる入院をされており、内視鏡的ポリープ切除や早期悪性腫瘍に対する剥離術が多く占めています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 21 0.76 3.48 0 1.48
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 15 0 10.00 0.02 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 2 0 2.50 0.02 0
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 2 0 2.00 0 0
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 1 0 13.00 0 11.00
小児科では、耳鼻咽喉科と連携して手術を多く行っています。その中でも中耳炎に対する「鼓膜切開術」が最も多く行われています。
当院は小児科二次救急病院となっているため、紹介受診の割合も高くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 191 3.30 3.28 0.09 67.89
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 8.62 6.16 0 66.73
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 31 1.90 3.42 0.02 69.65
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 25 0.08 4.40 0 30.76
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 22 1.09 13.64 0 67.05
当院では、透析センターを設けており、当院だけではなく他の医療機関から依頼を受け「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を行い他医療機関へ維持透析を依頼したりと他医療機関との連携を図っています。
また、「腹腔鏡下胆嚢摘出術」など開腹術で行なうより創部が小さく済み退院されるまでの日数が短くて済むなどのメリットのある腹腔鏡下での手術なども行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 53 5.74 26.26 0.40 78.53
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 30 3.70 31.70 0.02 73.47
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 19 12.00 22.58 0.20 81.21
K0731 関節内骨折観血的手術(肩、股、膝、肘) 12 4.67 29.33 0.05 59.92
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖、手、足) 12 5.17 30.08 0.02 52.25
当院は、救急告示病院として診療にあたっているため、外傷等による骨折に対する「骨折観血的手術」が多く行われています。
整形外科で手術を実施した患者さまの平均年齢は66歳と高齢者が比較的多い訳ではありませんが、股・膝関節症に対する「人工関節置換術」も多く行われています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 28 3.18 6.93 0 31.61
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 22 1.55 7.50 0 52.36
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式)) 18 2.44 8.11 0.02 72.00
K877 子宮全摘術 17 2.12 8.24 0 52.71
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 16 0.75 6.88 0 33.56
産婦人科では、「選択的帝王切開術」が最も多く行われています。
当院の産婦人科医は1名ではありますが、出産関連の入院は約20%、悪性腫瘍や子宮筋腫に対する入院はの約30%と占めており、産婦人科入院全体の約75%は手術を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 29 1.03 7.69 0 15.03
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 1.27 6.82 0 60.00
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 10 0 5.8 0 53.50
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 10 0 1.00 0 2.60
K300 鼓膜切開術 7 1.00 2.57 0 7.00
耳鼻咽喉科では入院患者の約57%が手術を行っており、その中でも扁桃腺に対する「口蓋扁桃手術」が多くなっています。
紹介入院も40%となっており、地域との連携もみられています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 530 0.10 2.65 0.09 76.22
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 84 0.52 8.32 0.05 71.04
K281 増殖性硝子体網膜症手術 11 6.73 17.00 0 64.18
K204 涙嚢鼻腔吻合術 10 1.60 5.90 0 78.40
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 8 4.25 8.13 0 70.00
眼科入院患者の平均年齢は74歳となっており、入院の約75%が白内障に対する「水晶体再建術」を行っているという特色が見られました。
また当院へ受診中の患者様以外にも他医療機関からの紹介で受診される患者様も多く見られています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 66 0.64 4.38 0.06 68.24
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 55 2.49 3.36 0.02 61.75
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 51 1.92 6.65 0.05 80.33
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 19 1.26 3.37 0 70.47
K783 経尿道的尿管狭窄拡張術 19 1.11 2.63 0 72.05
泌尿器科では腎疾患に対する尿管ステント留置術や、尿管結石などに対する治療を多く行っております。
また他医療機関からの依頼で前立腺癌や膀胱癌に対する生検なども多く行なっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 1.71 11.00 0.06 77.67
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 2.00 34.25 0.03 59.17
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 5 0.40 71.60 0.06 55.40
K164-4 定位的脳内血腫除去術 4 7.75 38.25 0.03 77.25
K1742 水頭症手術(シャント手術) 4 8.50 61.00 0.02 74.25
脳神経外科では急性期医療として、外傷などによる硬膜下血腫やくも膜下出血に対する手術が多く行われています。
治療後のリハビリを他医療機関に依頼し、市内の他医療機関には脳卒中地域連携パスを用いて地域連携を図っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 17 0.26
180010 敗血症 同一 17 0.26
異なる 9 0.14
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02
異なる 1 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.40
異なる 1 0.02
敗血症の同一入院では、尿路感染症などが起因として敗血症に至りその結果入院されているなどの傾向がみられました。
播種性血管内凝固症候群では平均年齢が78歳と高齢になるほど併存しやすい傾向がみられました。
手術や処置を行う際には最新の注意を払って施行しています。起こり得る合併症については手術や処置の前に患者様やご家族に説明し、同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2017/09/25