安全対策

院内感染対策委員会

 当委員会は平成4年12月1日に発足し、院内感染に関するサーベランス、総合的ガイドラインの策定及びその他必要な事項の検討を行い、院内感染対策の 推進を図ることを目的として設置しています。
委員は医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技師、放射線技師、 事務員で構成されております。また組織的な感染防止活動を実施するために ITCチーム、リンクナース、感染管理スタッフの部門があり、具体的な活動としては、 定期的な院内の巡回、院内感染の実態の把握と必要時の介入、予防対策に係る マニュアルの作成、手順書等、院内衛星管理のチェックと清潔状態の保持などを 実施しています。また全職員を対象に院内感染防止の定期的な講習会を開催し、 知識の普及と啓発など実施しています。