薬剤科

業務内容の紹介

【調剤業務】
調剤室では医師の処方箋に基づいてお薬を調剤しています。その際、用法・用量等処方箋の内容を確認(処方監査)し、疑問があれば処方医へ問い合わせ(疑義照会)します。医師の指示がある場合にはお薬の写真入の「おくすりの説明書」を発行し、患者さんのお薬使用にあたっての理解を推進しています。
薬局窓口の受付時間は、平日と休日の当番日は午前8時30分から外来診療終了時刻までですが、外来診療を行っていない日も日直・当直の薬剤師が対応しております。

 

【調剤業務(注射薬)】
入院患者さんを対象に、一日分の注射薬を個人別に取り揃え、投与量、投与経路、配合変化等の確認を行った後、病棟に払い出しています。

 

【院内製剤業務】
市販されていない特殊製剤や消毒液等の調整を行っています。

 

【抗がん剤ミキシング業務】
入院中病棟やがん化学療法室で使用される抗がん剤(注射薬)については、投与薬剤、投与量、投与間隔等を確認した後、抗がん剤調製専用の部屋に設置してある安全キャビネット内で、無菌的に混合(ミキシング)を行っています。

 

【薬剤管理指導業務(対象病棟のみ)】
薬剤師は必要に応じて入院患者さんのベッドサイドに行き、お薬の説明をします。適切な薬物療法を行っていただくために、医師や他の医療スタッフと連携を図り、入院患者さんに服用方法、効能・効果、副作用などの情報を提供しています。

 

【医薬品情報管理】
医薬品に関する情報を収集管理し、医師、医療スタッフからの問い合わせに対応しています。また、定期的にDI(医薬品情報)ニュースを発行し、各部署に情報提供を行っています。

 

【学生教育実習】
薬学生の臨床現場での知識・技能・態度を身に付けるための実習を行っています。薬学部六年制に伴い、病院実習は必須単位となりました。

 

お薬のことは、お気軽にご相談ください。
患者様の適正で安全かつ有効な薬物療法のために医薬品の管理、供給、薬の情報提供、副作用防止に努めております。お薬のことでわからないことはお気軽にご相談ください。