感染防止対策室


感染防止対策室は、病院内の感染に関する問題に速やかに対応・解決することで、患者・来院者・医療従事者の安全を確保するために設置されました。感染対策チーム(以下ICT)として感染防止対策室室長の小児科医師1名、感染管理認定看護師2名、薬剤師1名、臨床検査技師1名、事務職員1名の計6名で活動しています。
基本理念に沿って感染管理プログラムを立案、院内感染対策委員会(以下ICC)、感染リンクナース・スタッフと連携を取りながら日々の感染対策に取り組んでいます。

活動内容

1. サーベイランスと耐性菌の把握:JANIS参加
2. 院内感染ラウンド
3. 院内環境ラウンド
4. 院内職員教育:感染対策講習会の実施
5. 感染対策マニュアル・ガイドラインの作成
6. サーベイランスの結果・耐性菌データのフィードバック
7. 抗菌薬適正使用状況の把握
8. 職業感染対策・ワクチン・針刺し事故防止など
9. アウトブレイク対応
10. 感染症相談
11. 地域連携:感染カンファレンスや相互チェックなど

活動写真

カンファレンス 院内ICTラウンド
カンファレンス 院内ICTラウンド

ICT会議
ICT会議